サイトメニュー

簡単にできるセルフ鬱治療

トイレ

毎日数分のルーティンで思考が変わる

近年、うつ病は増加の一途を辿り、今や誰しもがいつかかっても不思議ではない程の病となりました。うつ病と一口に言っても実は様々なタイプや種類があり病気の名前もたくさんあります。新型うつなどと呼ばれるような、従来よく見られたものとは少々違った特性をもつ非定型うつも出てきており、病状も軽度だと病気に気付かれない程度、重度だと入院が必要なレベルなどその人それぞれという事になります。うつは精神病や気分障害とも呼ばれますが、気持ちだけで改善できる訳ではありません。精神科や心療内科で然るべき治療を要する場合がありますが、自分でも予防したり、わりと軽度な場合は自身でうつを治す事も出来るという報告も存在しています。それがトイレ掃除です。トイレ掃除がメンタルに効果があるなど冗談のように聞こえなくもないのですが、実はとある精神科医が実際に患者に行った治験データで、うつなどのメンタル症状が改善されたというエビデンスが存在する実話なのです。メンタルが弱っていると何でもネガティブに考えがちです。自分の存在意義を見いだせなくなったりしてしまいます。トイレ掃除は一般的には好んで行われる家事ではありませんが、それを積極的に行う事で、自分が他から必要とされる存在だという事を再認識できる効果があります。昔から妊娠中にトイレの掃除を頑張ると可愛い赤ちゃんが生まれるという小話が存在します。この話と多少共通点があるような印象を受けました。無理しなくても遂行できる程度の狭さで、達成感も得られる。トイレ掃除には心を浄化する作用があるのではないでしょうか。

トイレ掃除を行う事でうつ病が改善されるという事実については知っていただく事ができましたが、ここではその方法と効果の実態について見ていきましょう。メンタル改善に効果のある掃除方法ですが、実は特別なやり方はありません。一般的な方法でトイレを綺麗にすれば良いのです。便器だけではありません。掃除にうつを治す効果があるならトイレだけと言わず、いっその事家中ピカピカにすれば良いのではと考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。あくまでもトイレというあの狭い空間だからこそ効果を発揮するのです。トイレ掃除と一言で言っても便器を磨けば終わりではありません。床や壁を拭いたり、手拭きタオルの交換やペーパーの補充、換気をしたりと行程は多いはず。掃除前と後を比べると綺麗になったのが視覚的にも嗅覚的にも実感しやすいのが特徴で、短時間で非常に達成感を感じられる作業なのです。トイレの掃除を続ける事で起こる思考の変化は、謙虚な人間になれる、気付ける人間になれる、物事に対して感謝や感動の気持ちを持てる人間になれるだと言われています。トイレ掃除は毎日行う事が大切です。しかし闇雲に掃除ばかりすれば良いという訳でもありません。毎日だいたい決まった時間にルーティン化すると良いでしょう。トイレの掃除がメンタルに良い影響を始める期間は人それぞれですが、早い人だと1週間程度で効果を実感できるそうです。遅い人でも3ヶ月程度で効いてくるそうで、お金を掛ける事なく誰でも今日からすぐに始められる治療方法ですから迷わずチャレンジしてみましょう。

Copyright© 2020 心の汚れもスッキリとして前向きな気持ちになれる All Rights Reserved.